オレンジレンジ PANIC FANCYポスター撮影場所の浜屋は人気沖縄そば店

スポンサーリンク

北谷の宮城海岸近くで地元の方にも大人気の沖縄そば店「浜屋」

100席ある店内ですが、昼や夜の食事時はもちろんのこと、1日を通して常にお客さんがいる印象がある繁盛店。

ですが、ほとんどのオーダーが5分以内にはやって来るので、行列していてもそれほど待たずに食べられることでしょう。

注意したいのが駐車場で、2台分しか用意されていません。お店の前に路上駐車している方が多く見られますが、結構駐禁の取締りをしています。

駐車場に停められない場合は、近くの防波堤側に駐めるのがしきたりのようです。

PANIC FANCYのアー写撮影場所

浜屋はORANGE RANGEの5枚目のアルバムとなる、「PANIC FANCY」のアーティスト写真撮影場所でもあります。

「イカSUMMER」「イケナイ太陽」「君 station」「O2」という4枚のシングルが収録されたアルバム。

浜屋ちかくの防波堤では、君 stationのMVで最後にメンバーが夕陽を見るというシーンの撮影もおこなわれています。

ヤマト以外のメンバーは北谷高校出身なので、浜屋も宮城海岸も普通に通っていたんでしょうね。

一番人気の浜屋そば

浜屋の一番人気メニューは、その名も浜屋そば。

店名をつけた名前だけに、お店の自信のほどが伺えます。

スープは多くのそば店で使われるしょう油を使わず、さっぱりとしたカツオと鶏ベースの塩味ながらコクがあります。

平打ちの縮れ麺の上に、ホロホロ状態のソーキと薄い卵焼きが載っていて、スープとの相性が抜群です。

ほとんどのお客さんが沖縄の炊き込みご飯のじゅーしぃを一緒に注文するのが印象的です。

がっつり派にオススメの沖縄そば

せっかく来たからには、軟骨ソーキが乗った浜屋そばに、しっかり味付けをした三枚肉がプラスされた沖縄そばをという方も多く見受けられます。

食べごたえという点では文句なし、ただスープも軟骨ソーキも塩味で、三枚肉は濃いめのしょう油ベースなのでバランスの良し悪しは意見が分かれるところです。

食後の満足感では間違いなくオススメの一品です。

テラス席はウェットスーツでもOK

浜屋そばの近くには、砂辺というビーチダイビングのスポットがあり、ダイバーやシュノーケラーにも人気です。

テラス席はウェットスーツのままで食事することが可能なので、スーツ姿でそばをすする姿も日常の光景です。

ダイビングは圧縮された乾燥空気を吸いながら潜るので、終了後は喉が乾きがち。

そんなダイバーたちに向けてなのかは分かりませんが、浜屋にはかき氷も用意されています。

単に沖縄が常夏で暑いからメニューにあるのかもしれませんが^^;

浜屋 アクセス情報

  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町宮城2-99
  • 定休日:旧盆・正月
  • 営業時間:10:00~21:00
  • TEL:098-936-5929
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*