おすすめ読谷村ランチ 島やさい食堂てーぃあんだのくぇーぶー定食

スポンサーリンク

那覇空港から1時間ほどの読谷村、都屋漁港にほど近い場所にある「島やさい食堂てーぃあんだ」

てーぃあんだというのは手の脂という意味で、手間暇かけて料理をするという意味なんだとか。

島やさい食堂てーぃあんだ外観

その店名の通り、料理はとても手がかかっているのが伝わってきます。結城貢先生の料理は愛情!というやつですね。

リノベした古民家のお店

身体に優しい沖縄流おもてなし膳。古民家をリノベーションした海辺の食事処は、うっかりすると見落としてしまいそうな普通の住宅のような佇まいです。

読谷山焼の器を彩るのは、2日間かけてつくる自家製ラフテーなど手間ヒマかけた料理。

島やさい食堂てーぃあんだ店内

定食は4種類で、メインのおかずは元より、島やさいたっぷりの副菜こそがてーぃあんだの定食の魅力です。

おすすめ定食

まずオススメなのは、トロトロに煮込まれた豚の角煮ラフテーが主菜のくぇーぶー定食。

島やさい食堂てーぃあんだ くぇーぶー定食

スポンサーリンク

副菜としてクーブイリチー(昆布の炒め煮)や大根の煮物、もずく酢、ジーマミー豆腐など食材の味が楽しめる料理がたっぷり。

玄米ご飯にゴーヤの漬物、汁に甘味のぜんざいまで付いてボリュームも満点。

島やさい食堂てーぃあんだ あかばな定食

他にも旬の島やさい天ぷらを主菜にした「あかばな定食」もぜひ食したい一品になります。

身体に嬉しい酵素ジュース

時期によって使用するフルーツや野菜を変えながら、旬の食材での酵素ジュースをつくられているようです。

冬野菜と春野菜が混在する冬の時期には、長命草、ういきょう、紅芯大根、赤キャベツ、パッションフルーツ、たんかんなどで作られているようです。

数日間漬け込んだ酵素ジュース、一口飲めば大地のエネルギーが全身を駆け巡っていくようです。

週末のみのディナーは前日までの予約制

てぃーあんだのディナーは金・土・日の週末のみの営業で、前日までの予約が必要です。

予約は下記の電話か、オフィシャルサイトの予約ページから申込み可能です。

島やさい食堂 てぃーあんだ アクセス情報

  • 住所:沖縄県中頭郡読谷村都屋448−1
  • 定休日:木曜日
  • 営業時間:11:00-15:00、18:00-20:00(夜は金・土・日のみで前日までの予約制)
  • TEL:098-956-0250
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*