那覇で糸満産鮮魚の本格フレンチが味わえるフィッシャーマンズクラブ

スポンサーリンク

1983年にオープンしたフレンチレストラン「フィッシャーマンズクラブ」

オープン当初は糸満市公設市場内で営業していましたが、2015年に現在の那覇市の平和通り商店街へと移転しました。

那覇フィッシャーマンズクラブ店内

那覇の一流ホテルでフレンチの修行をしたオーナーシェフ自ら、以前お店があった糸満産の鮮魚を仕入れるこだわり。

伝統的フランス料理はおいしいのはもちろん、ボリュームも満点です。

日替りランチが超お得!

お店のオススメでもある日替りランチは、平日1300円、土日祝1500円ながら一皿ずつ提供される本格コース料理。

前菜から始まり、本日のスープ、パンorライス、メイン(魚または肉料理)、特製デザート、コーヒーor紅茶なので超お得です。

日替りランチはオフィシャルサイトで日々更新されているので、事前に確認できるのも嬉しいところです。

ちなみに記事を書いたこの日の日替りランチですが、

  • キハダマグロの粒マスタードと海鮮サラダ
  • 魚のスープ
  • 糸満産鮮魚マーマチ、シマガツオのムニエル、シェフおまかせソース または
  • 県産若鳥、やんばる産ロイヤルポークの特製盛り合わせ
  • 自家製デザート(ドリンク付)

那覇フィッシャーマンズクラブ 海鮮サラダ

那覇フィッシャーマンズクラブ メインプレート

利益度外視では?と心配になるほどのボリュームで提供され、ドリンクは飲み放題と言うことなしの大サービスです。

遠方からも常連さんが足繁く通うのも納得なお店です。

スポンサーリンク

コースディナーはボリューム満点

ディナータイムもコースが中心ですが、アラカルトも充実しています。

ディナーコースはランチコースでは選択制の肉と魚が両方提供されるので、昼にも増してボリュームがあります。

フレンチとはいえここは沖縄、物足りないとは言わせない心使いなのかもしれませんが。

とはいえ、女性やアルコールを嗜む方にはやや過分かもしれません。

そんな方のために、ほろ酔いコースという泡盛やビール、グラスワイン等が2杯飲めて、おつまみも2品ついて2000円というお得なコースがあります。

ちょい飲みのようなイメージを持たれるかもしれませんが、海鮮サラダと鮮魚のムニエルに海鮮焼きの盛り合わせとつまみのレベルを超越しています。

那覇フィッシャーマンズクラブ 鮮魚のムニエル

ここでもおもてなしの心が移管なく発揮され、料理のボリュームは移転前よりパワーアップしているとの評判です。

予約は必要?

フィッシャーマンズクラブには駐車場がありません。

ゆいレールの牧志駅より徒歩10分程度なので、旅行で訪れる際はゆいレールの利用が便利かもしれません。

訪問が決まっているのであれば、必須ではありませんが、HPまたは電話での予約をした方が良いかもしれません。

ディナータイムはアラカルトメニューもありますが、基本はコースメニューなので、事前に予約した方がスムースに料理が提供されるからです。

予約が無いと入店できないということはなさそうですが、予約無しのお客さんは多少サーブに時間がかかることがあるようなので注意が必要かもしれません。

フィッシャーマンズクラブ アクセス情報

  • ふぃっしゃーまんずくらぶ
  • 住所:沖縄県那覇市牧志3-2-41 野崎商事ビル2F
  • 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日が振替休)、第2火曜日
  • 営業時間:11:30~14:00(売切次第終了)、17:30~22:00
  • TEL:098-917-5307
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*