那覇の海産物えんがんで沖縄ならではの貝料理が人気

スポンサーリンク

海産物えんがんは、地元のファンが多く、沖縄の地魚を気軽に味わえるお店です。

海産物えんがん 外観

沖縄県産魚の魅力を伝え、魚市場活性化に力を入れているそうです。

具志堅用高さんも大好きだというアバサー汁(ハリセンボン汁)やイセエビのウニ焼きなど、豊富な海産物メニューでお出迎え。

海のギャングを煮付けに

海のギャングの異名を持つ、獰猛な魚ウツボ。海の中では臆病そうに見えますが、大きな口を開けて威嚇する姿はまさに危険生物。

そんな凶暴なウツボですが、最近煮付けや唐揚げが人気とのこと。

海産物えんがん ウツボ煮

いつも入荷するわけではないので、あればラッキーなメニュー。煮付けは見た目のエグさはありますが、コラーゲンたっぷりのプルプルの食感が人気の秘訣でしょうか。

皮目の部分に独特の臭いがあるので、魚臭さが気になる方は唐揚げの方が食べやすいかもしれません。

魚好きに人気のチヌマン

地元のファンが大勢いるというチヌマン(テングハギ)、できるだけ品切れにならないように心がけているそうです。

少々クセがあり好き嫌いが別れる魚ですが、魚好きにはたまらないプリっとした白身魚。

海産物えんがん チヌマンマース煮

スポンサーリンク

魚好きの方であればマース煮(塩煮)で、匂いが気になる方は煮付けで食するのがオススメです。

沖縄ならではの貝のバター焼き

貝ボタンの材料としても有名なタカセ貝。海中では付着物がたくさんで決して美しいとは言えませんが、磨くと真珠色の光沢が現れます。

貝殻だけでなく、中味も美味。サザエより柔らかく、アワビよりも少し硬い歯ごたえの貝。

タカセ貝のバター焼きは沖縄でも人気の郷土料理ですが、じっくりと柔らかく炊いてから炒めているので、とても手間暇がかかっています。

沖縄以外では高級食材のタカセ貝も、こちらではバター焼きが1050円で食べられます。貝好きなら是非とも食して頂きたい一品です。

海産物えんがん タカセ貝バター焼き

海産物えんがん アクセス情報

  • 住所:沖縄県那覇市港町3-1-17
  • 定休日:お盆・年末年始
  • 営業時間:11:00~21:00
  • TEL:098-869-7837
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*