【沖縄初】ブルーシールの体験型ミュージアムがオープンへ 気になる料金と予約方法は?

スポンサーリンク

沖縄のアイスの代名詞ともいえるブルーシールが、浦添市の牧港本店に体験型ミュージアム「ブルーシールアイスパーク」を9月20日にオープンします。

アイス作りを体験できるコーナーや、アイスの製造工程を見学することができ、家族連れを中心にブルーシールを知ってもらうため体験施設になるそうです。

アイスパークは牧港本店で昨年末まで営業していたレストランを改装してオープン予定です。

アイスパークの展示内容

ミュージアムの展示内容ですが、まずは1948年に沖縄の米軍基地内で創業したブルーシール社の歴史を学ぶことができるヒストリーゾーン。

他にも、マイナス25度の冷凍庫に入るコーナーやガラス越しに製造施設を見学できる場所を設けるとのこと。

メインの体験ゾーンでは、好きな味と形のアイスを選んでデコレーションし、オリジナルアイスバーを作ることができるそうです。

オリジナルアイスバー体験の料金と予約方法

オリジナルアイスバー作りの体験料金ですが、1人1000円で、下記電話もしくはice parkホームページから予約できるそうです。

スポンサーリンク

ただし、8/11時点ではice parkホームページは稼働していないため、予約はできないのでご注意ください。

プレスリリースがされていますので、近いうちに予約可能になると思いますので、気になる方は定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブルーシール アイスパーク アクセス情報

  • 住所:沖縄県浦添市牧港5-5-6
  • 定休日:無し
  • 営業時間:9:30~17:00
  • TEL:098-877-5103

施設の楽しみはまだまだ増える

 
ブルーシールでは牧港を中心に、10年、20年後も愛されるブランドにするために、今後は国内の食品会社などの体験型施設を参考にしながら体験メニューを増やしていくそうです。

沖縄県産の食材を使った限定アイスの提供も検討しているとのこと。

すでに、塩ちんすこう、ウベ、紅芋など沖縄ならではのフレーバーがありますが、島豆腐味や島とうがらし味なんてフレーバーも提供されるんでしょうかね。楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*