安室奈美恵引退が日本のみならず海外でも深刻な影響を与えている!?

スポンサーリンク

9月20日、人気歌手の安室奈美恵さんが突如、1年後2018年9月に芸能界から引退することを発表。

歌手生活25周年を迎え、さらなる活躍が期待された矢先の引退発表でしたが、安室さん自身は節目の年だからこそ決意したとコメントしています。

沖縄アクターズスクール出身で、スーパーモンキーズでデビューした後にソロ活動をした安室さん。

その後、SPEEDやFolder5といった人気グループも排し、沖縄アクターズスクールブームを巻き起こした牽引役でもありました。

気になる引退理由は?

先日も沖縄・宜野湾海浜公園野外特設会場でのライブが、質の高いパフォーマンスで話題になったばかりなのに引退発表。

自身のオフィシャルサイトで

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います

と切り出したうえで、

わたくし安室奈美恵は2018年9月16日をもって引退することを決意致しました

と綴った。

結婚式の定番ソングとなった「CAN YOU CELEBRATE?」など多くのヒット曲を産み出し、ミニスカに厚底ブーツといったファッションを真似る「アムラー現象」なる社会現象を巻き起こして時代を象徴する存在に。

2000年沖縄サミットでは、各国首脳を前に歓迎パーティーで「NEVER END」を披露するなど、国民的歌手と言っても過言ではないでしょう。

記憶にも新しい、NHKリオ五輪放送テーマソングとなった「Hero」でも大きな注目を集めました。

引退理由については、所属事務所のエイベックスも本人しか分からないということなので、安室さんの口から語られるまでは分からずじまいなのかもしれません。

ラストツアーは、早ければ年明けにも始るとみられていて、2016年8月から2017年5月にかけての最新ツアーでは、過去最多となる全国40都市で100公演を行いました。

近年はテレビ番組出演を控え、ライブでの直接交流を重要視しているため、ラストツアーは過去最大級になる公算は高く、沖縄再上陸も十分にあると思われます。

海外でも驚きをもって

安室さんの引退報道は、アジアを中心に海外でも驚きを持って大きく取り上げられています。

スポンサーリンク

2016年には2日間で2万人を動員した台湾のニュースサイトでは、安室さんの引退コメントを全文中国語で掲載。

台湾の人気歌手・蔡依林(ジョリン・ツァイ)とコラボで楽曲もリリースしており、引退ツアーを期待する声が高まっています。

また2009年に上海でコンサートを開催した中国の微博でも、引退を惜しむ声が多く見られています。

韓国でも大きく報道され、アジアツアーを期待する声が高まっているようです。

芸能界からも惜しむ声が広がる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*