ぜんそくや風邪に効能があるアヒル汁がリーズナブルに食べられる店とは?

スポンサーリンク

アヒル料理といえば中華料理の北京ダックが有名ですが、沖縄でも昔から薬膳料理として重宝されてきました。

沖縄ではアヒルが入ったスープ、アヒル汁で食べるのが一般的です。

とはいえ、アヒルは生産量が少ないこともあり、どこでも食べられるといった代物ではありません。

ぜんそくに効くと言われているアヒル汁、比較的安価に美味しく食べられるお店をご紹介します。

具だくさんアヒル汁

沖縄市市役所近く、胡屋十字路から少し奥に入った住宅街に、赤字に白抜きの文字でアヒルの店と一目で分かる看板を掲げている「アヒル亭」

沖縄 アヒル亭

ぜんそくのほかに、風邪を引いたらアヒル汁とも言われているそうで、レバーや皮、ネックなどアヒルのすべてが満遍なく入っています。

サラッとした舌触りながら、しっかりとしたコクのあるスープ。

調味料は一切加えずに、葉野菜のサクナと一緒にじっくりと煮込まれていて、一口飲めば身体がポカポカと温まる薬膳スープといった趣です。

大きな器にたっぷりと盛られたアヒル汁のほか、黒米と卵焼きに漬物が付いて(中)1000円と(大)1300円はお値打ちです。

アヒル汁定食

スポンサーリンク

美味なアヒル汁には理由が

食用のアヒルは生産量が少ないため、安く食べられる店は少なく、鮮度もそれなりです。

アヒル亭ではご主人がアヒル牧場を経営しているため、安価で新鮮な医食同源を実現しています。


それゆえに、付け合わせの卵焼きもアヒルの卵が使われています。

鶏卵よりもややあっさりした感じで、クセのない卵焼きは貴重な体験

アヒル汁はカツオ節などの出汁は一切使わず、アヒルの肉だけをたっぷりと使っているため、薬膳効果も高いうえにしっかりとした味わいを実現しています。

来店にオススメの時間帯は?

昼はランチ、夜は居酒屋営業をしているアヒル亭には、ハンバーグやさんま定食といった普通のメニューも多数あります。

夜は地元のご常連が集まり、カラオケを楽しまれることが多いので、じっくりとアヒル汁を味わうためにオススメなのはランチタイムとなります。

もちろん、賑やかな盛り上がりを感じながらアヒル汁でさらなる滋養強壮という夜の時間帯でも、お酒を飲む方には良いと思います。

アヒル亭 アクセス情報

  • あひるてい
  • 住所:沖縄県沖縄市仲宗根町5-3
  • 定休日:月曜日
  • 営業時間:11:30~21:30(日曜日は〜17:00)
  • TEL:098-929-1333
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*